MM2Hで会社設立して役員報酬を受け取っても良いのか?

MM2Hで事業をされている方もいると思われるが、細心の注意が必要だ。会社設立して、ダイレクターとして役員報酬を得ている方もいるのではと思うが、役員として働くことが認められているわけでは無い。

余談になるが、MM2Hで会社を設立する事は可能である。一歩踏み込んで書くと、マレーシアのビザを持っていなくともマレーシアで会社は設立可能である。MM2Hだけに認められているわけではない。… → 続きはこちら

マレーシアの会社登記をオンラインで調べる方法

マレーシアでの起業を考えている方や、マレーシア進出を考えている企業においては、外資の規制やライセンスの取得において、資本金や役員(ダイレクター)の構成など疑問に思うところです。マレーシアに進出している同業他社の情報が参考になる事もあります。… → 続きはこちら

Form E の記入と申告方法(オンライン改訂版)

Form E の入力項目が一部変わっているので内容をまとめました。以前の記事『給与報酬支払申告 Form E のオンライン提出方法』も参考にして下さい。なお、申告に必要な入力の所要時間ですが、社員の人数にもよりますが、概ね2~3時間を見ておく必要があります。… → 続きはこちら

納税額見積書 CP204 の提出方法

マレーシアの会社は、毎年、その年が始まる時に売上を予測して、法人税の見積もり納税額を「CP204」にて申告しなければなりません。

そして、実際の税務申告で確定した法人税額を30%超下回った場合は、30%を超える法人税の不足額10%が、なんとペナルティーとして罰金を払わなければならないのです。つまり、マレーシアでは30%も下回るようなビジネスを行ってはならないという事です。… → 続きはこちら

EPF オンライン支払い方法

マレーシアで起業して、EPF(従業員積立基金)の雇用者登録を完了すると i-Akaun (i-Acount) が発行されます。

この i-Akaun のアクティベーションを済ませておく事で、毎月オンラインで、EPFの提出および支払いが可能になります。… → 続きはこちら

小切手のリスクと悪用トリック

先日、ウチの社員が受け取ってきた小切手が不渡になった話を、こちらの記事『小切手(PDチェック)の不渡り』に書きました。

今回の小切手(チェック)が不渡りになったのは、先の日付が原因での不渡りではないのです。実は、この先日付小切手(さきひづけこぎって)ならではの小切手(チェック)の特徴を利用したトリックがあるのです。… → 続きはこちら

小切手(PDチェック)の不渡り

マレーシアで起業したり会社を経営していると、銀行の小切手(チェック)を受け取る事もあると思います。それが、稀に銀行に持っていっても入金(換金)できない事を経験する事もあるかもしれません。

俗に言う小切手(チェック)の不渡り。そして、ウチの会社で経験した先日付小切手(さきひづけこぎって)にまつわる失敗談。。。… → 続きはこちら

退職して帰国する時の納税処理 (タックス・クリアランス)

昨日、タックス・クリアランスについて質問を頂きました。ありがたいものです。良い機会ですので今回は、マレーシアの会社で働いていた人が、退職して帰国する時に必要な納税処理、タックス・クリアランスについてまとめます。… → 続きはこちら