CMCO ワークレター・トラベルパスのサンプル

2020年10月14日からのCMCOの期間中の管区(District / ディストリクト/ 地区)を越える場合、会社から発行されたワーク・レター(Work Letter)やトラベル・パス(Travel Pass)が必要との事で、自社向けに用意したレターをサンプルとして公開します。

→ 続きはこちら

経営者のための活動制限令(MCO)による期限延長まとめ一覧

社会保障関連

機関・提出物 期間 法定の期限 延長の期限
EPF MAR 2020 15 APR 2020 24 APR 2020
30 APR 2020
& e-CAP 申請
APR 2020 15 MAY 2020 e-CAP 申請
MAY 2020
→ 続きはこちら

コロナウィルスによる EPF 拠出金レートの引き下げ

世界的なCOVID-19のアウトブレイクによる、経済的打撃を緩和することを目的とした政府の景気刺激策の一環として、従業員EPFの拠出レートが引き下げられることが2020年2月27日に発表され、追加情報は

→ 続きはこちら

新型コロナウィルス・ロックダウン悪用した詐欺


新型コロナウィルスによる、マレーシアのロックダウンで外出できない事を悪用した電話による詐欺が横行している。私だけでなく他の日本人も無差別にターゲットとしている様だ。

日本でも封鎖(ロックダウン)が行われれば、同様の詐欺が横行するかもしれない。詐欺に掛かるなんてあり得ない方は、ストーリーの一つとして読んで貰えればと思う。

→ 続きはこちら

MM2Hで会社設立して役員報酬を受け取っても良いのか?

MM2Hで事業をされている方もいると思われるが、細心の注意が必要だ。会社設立して、ダイレクターとして役員報酬を得ている方もいるのではと思うが、役員として働くことが認められているわけでは無い。

余談になるが、MM2Hで会社を設立する事は可能である。一歩踏み込んで書くと、マレーシアのビザを持っていなくともマレーシアで会社は設立可能である。MM2Hだけに認められているわけではない。

→ 続きはこちら

英語の無料クラウド会計ソフト Wave Accounting

マレーシアでの会計処理は、会社設立サポート会社や会社秘書から紹介されている会計監査・税務申告を行う会社に、お任せしている方も多いかと思います。

何となく、会計会社に任せなければならないイメージを持ってる方もいるかもしれませんが、自社で行うこともできます。マレーシアで起業したのであれば、最初のうちは自分たちで会計処理をして学ぶのも良いのではと思います。

→ 続きはこちら

マレーシアの会社登記をオンラインで調べる方法

マレーシアでの起業を考えている方や、マレーシア進出を考えている企業においては、外資の規制やライセンスの取得において、資本金や役員(ダイレクター)の構成など疑問に思うところです。マレーシアに進出している同業他社の情報が参考になる事もあります。

→ 続きはこちら

日系の会社と取引をする際の注意

マレーシアでビジネスの取引をする前に、相手の会社登記や情報を調べておきたい。長年マレーシアで事業をしていると、色々騙されたとか、失敗したという話も良く聞くし、裏切られた事もしばしばある。このブログをやっていると、そんな相談もやってくる。

→ 続きはこちら