小切手(PDチェック)の不渡り

マレーシアで起業したり会社を経営していると、銀行の小切手(チェック)を受け取る事もあると思います。それが、稀に銀行に持っていっても入金(換金)できない事を経験する事もあるかもしれません。

俗に言う小切手(チェック)の不渡り。そして、ウチの会社で経験した先日付小切手(さきひづけこぎって)にまつわる失敗談。。。

→ 続きはこちら

退職して帰国する時の納税処理 (タックス・クリアランス)

昨日、タックス・クリアランスについて質問を頂きました。ありがたいものです。良い機会ですので今回は、マレーシアの会社で働いていた人が、退職して帰国する時に必要な納税処理、タックス・クリアランスについてまとめます。

→ 続きはこちら

就労ビザ・エンプロイメントパス (EP) のキャンセル方法

マレーシアで起業して日本人を雇いますと、日本人社員の卒業を迎える時が来る時があります。会社卒業を祝える嬉しい気持ちと、社員が去ってしまう、さみしい気持ちが同居しますが、せっかくの門出ですから気持ち良く笑顔でく送り出してあげたいものです。

→ 続きはこちら

オンラインEPFアクティベーション (i-Akaun)

マレーシアの EPF 雇用者登録が完了したら、まずやらなければいけないことが、オンライン i-Akaun (i-Acount)のアクティベーションになります。これは必須の作業になりますので、支払期限が近づく前に、EPFの雇用者登録が完了したら、すぐにアクティベーションすることをおすすめします。

→ 続きはこちら

EPF 雇用者登録の申請の方法

マレーシアで起業して、従業員を雇うと申請しなければならないものの一つに、EPF と呼ばれる従業員積立基金があります。

EPF 雇用者登録に必要な書類が用意できたら、早速、EPF の事務所に行って申請です。マレーシアのお役所での申請業務になれていない方は、全て一回で済ませようと思わず、一回目は内容を聞いてくるつもりでいると上手く行きます。

→ 続きはこちら

EPF 雇用者登録申請フォーム KWSP 1の書き方

マレーシアで従業員を雇って、事業を行う時に申請必要なものに EPF (従業員積立基金)と言うものがあります。その申請用紙、EPF雇用者登録申請フォーム (KWSP 1)の記入方法です。

英語も併記してあるので、とても簡単ですが、ちょっとしたマレーシアの会社の知識が必要なので、補足説明を加えながらサンプルを参考に、EPFの雇用者登録をしてみて下さい。やってみるとわかりますが、こんなに簡単なんだと思いますよ。笑

→ 続きはこちら

EPF 雇用者登録に必要な書類

EPF

マレーシアで起業してローカルの従業員を雇うと絶対に手続きをする必要があるものの一つにEPFがあります。大抵は英語で 『EPF (Employees Provident Fund)』と呼ばれますが、マレー語で、『KWSP

→ 続きはこちら

オンライン確定申告の方法 【Form BE】

マレーシアで収入がある個人にとっては必須の確定申告。4月30日が締め切りのフォームBE (Borang-BE) の申請はお済みでしょうか?マレーシアで働いている方ならば、毎月の源泉徴収で多めに税金を払っているので還付金がある方が多いはず。

→ 続きはこちら