マレーシアでやりたいことをやって苦しむ事は無い

マレーシアという海外にて活躍する日本人の女性からのアドバイスを頂いた事があります。こちらの女性はマレーシアで会社の経営を任されている方で、若くて美人でありながら、とても謙虚な上に振る舞いが洗練されており、素晴らしいアドバイスをさり気なく伝えてくれたりなど、非常に優れた感性の持ち主であり、とても尊敬できる素敵な方です。

そんな、マレーシアという海外で経営者として活躍する女性のアドバイスに、「やりたいことをやって苦しむより、必要とされるサービスを提供する」というものがありました。

これを聞くと当然だよと思いますよね。でも、マレーシアで起業した人達にありがちなのですが、事業のビ… → 続きはこちら “マレーシアでやりたいことをやって苦しむ事は無い”

マレーシアで起業するなら Win-Win にあらず三方よし

マレーシア起業で大成功している実業家と話をしている時に、かなり参考になる教えがありました。日本人がマレーシアで起業するなら、Win-Win などとカッコ悪い事をすることも無いでしょ、と言うのです。

もちろん、それを聞いた瞬間 (。・д・。)ハイッ?という感じです。

色々と枝葉の教えもあったのですが、まずは「Win-Win などとカッコ悪い事をすることも無い」という教えの部分をまとめて見ることにします。

Win-Win と言うのは、1996年に出版されたスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』で紹介されて、日本人にもビジネス用語として出て… → 続きはこちら “マレーシアで起業するなら Win-Win にあらず三方よし”

マレーシア起業のタイミング

マレーシアで起業して実業家として大成功している日本人からの教えをシェアします。今回の教えは、『起業のタイミング』。マレーシアに限った教えでは無いので、日本でも海外でも同じ様に通用するとの事です。

起業のタイミングは、決して、経験や知識が十分になった時では無く、人脈やネットワークが十分になった時でも無く、もちろん実績や功績を残した時でもありません。それらは、あっても良いのですが、全く無くてもOKだと云うのです。

起業を考えると、ついつい、これらの方に目が行きがちですが、師云わく、起業のタイミングは、単純にビジョンが明確になった時だから、経験、人脈、実績など全く必要ないのだから、簡単だろ~と云います。… → 続きはこちら “マレーシア起業のタイミング”