Form E のオンライン提出方法 (雇用主による従業員給与等の報告書)

マレーシアのフォームE

マレーシアでのビジネスを行う個人事業や会社は、毎年3月31日までに 雇用主による従業員給与等の報告書 Form-E (Borang-E) を税務署への提出する必要があります。(休眠会社含む)

LHDN のオンライン申告内容変更に伴う改訂版はこちら。
Form E の記入と申告方法(オンライン改訂版)

補足

2018年の フォームE (フォームe-E)の提出期限は、2018年3月31日迄です。

2016年度の Form-E の提出期限は、2017年4月30日までとなっております。2015年度の提出期限は2016年3月31日までになっておりましたが、オンライン e-Filing での申請については、2016

→ 続きはこちら “Form E のオンライン提出方法 (雇用主による従業員給与等の報告書)”

インバウンド観光に役立つ英語圏の訪日外国人の人数

日本の市町村向けのインバウンド観光のお手伝いをさせて頂いているプロジェクトがあります。マレーシアがロングステイ希望先として連続9年トップである事に注目して、インバウンドマーケティングはマレーシアから手掛けるのが得策と考えてご依頼。実際にマレーシアからインバウンドマーケティングを手掛けるベネフィットをデータにて確認しました。

英語を使う国の訪日外国人ランキングトップ10 (2015年)

1. アメリカ 1,033,200人
2. オーストラリア 376,200人
3. シンガポール 308,800人
4. マレーシア 305,500人
5. フィリピン 268,300人
6. イギリス 258,500人
7. カナダ 231,400人
8. イ… → 続きはこちら “インバウンド観光に役立つ英語圏の訪日外国人の人数”

マレーシア中古自動車セールスマンのコミッション

マレーシア中古自動車セールスマンのコミッション

マレーシアで起業する際に、参考にしたいマレーシアのローカルの商習慣。中古自動車のセールスマンのコミッション(歩合給)について、ちょっと裏側のビジネスのお話です。

マレーシアで中古自動車ビジネスをしているローカル会社の、セールスマンのコミッションの実態です。それぞれの会社によって特色はあると思いますが、中古自動車の業界、だいたい似たようなシステムとなっています。

とあるマレーシアの中古自動車の販売店のセールスマンのコミッションの場合ですが、ユニークだと思う点が幾つかあります。

ひとつは、セールスマンのコミッションの金額は、中古自動車の販売価格に応じて変わるのでは無く、(つまり、… → 続きはこちら “マレーシア中古自動車セールスマンのコミッション”

クアラルンプールのスカイバー SKYBAR に予約して行ってみた

マレーシアで起業して実業家として活躍されている方の教えに、一緒に将来を描け、ファンとして応援できる仲間を特別に大切しなさいというものがあります。

友人の一人は、現在は現地採用という形で働いているのですが、将来的に社会貢献を考えた起業を予定しており、自分の将来のビジョンを綿密に計画でき、セールスだけでなくソーシャルメディア・マーケティングでは、プロフェッショナルの上を行く実力の持ち主でありながら、とても可愛い女性なのでマレーシアのビジネス・シーンでは、とても人気のある女性がおります。

そんな大切な友人の誕生日に、声を掛けて頂きましたので、クアラルンプールで話題のスカイバーを予約して行ってきました。 今回は、マレーシアでビジネスを通しての出会… → 続きはこちら “クアラルンプールのスカイバー SKYBAR に予約して行ってみた”

他人から協力を得られる成功の目標

マレーシアで起業して実業家として活躍されている人から、成功する目標の奥義を一つ教えて頂きました。それが、成功の目標を立てる時に、周りの人から協力を得られる目標を立てるというお話。

成功というのものは、人それぞれ違うので、その内容についての是非の話ではありません。それぞれの目標とても素晴らしいものです。でも、他人から協力が得られる目標の方が成功するスピードが断然早いという事です。

成功の目標として、贅沢な暮らしができるお金持ちになるとか、ファーストクラスで世界旅行とか、周りの人から一目置かれる様な尊敬される人間になるとか、周りから守ってもらえる親分になるとか、色々あるとは思います。

そ れを聞いた人達は、「いやースゴイですね。… → 続きはこちら “他人から協力を得られる成功の目標”

日本人のコダワリと事業はどちらを選択すべきか?

マレーシア起業で実業家として成功している日本人に、海外で事業を行うとき、日本人としてのコダワリと事業のどちらを選択すべきかと、質問をした事があります。

例えば、マレーシアであれば、濃い口の料理が好まれるお国柄であるけれども、日本の薄口の料理をマレーシアの人にも味わってもらいたいとか、外国人が和風デザインに対してクールと感じている部分は風情がないと、本格的な日本文化のデザインを提供したいなどと言ったコダワリと、利益のための事業を選択すれば良いのかということです。

一言で言えば、日本人のコダワリ(味覚、美的感覚など)と事業のどちらを選択すべきか… → 続きはこちら “日本人のコダワリと事業はどちらを選択すべきか?”

マレーシア起業で考えたい成功する会社名

マレーシアで起業して実業家として大成功している日本人から聞いた話で、教えという程でもないのですが、マレーシアで起業するなら考えたい、成功に近道な会社名の考え方です。

まず、マレーシアで起業する際に、顧客を日本人だけと決めているのであれば、全く考慮することは無いですし、ちょっとした成功だけで満足なので、大成功するまでの事を考えていないのであれば、全く考慮する必要も無い話です。

日本人が会社名を考えようとすると、ついつい会社名に事業のビジョンや根底にあるものなど思いを盛り込もうとします。でも、これ日本ではOKかもしれませんが、マレーシアでは正直あまり向いておりません。

それよりも、もっと直接的にサービスの内容を表す会社名… → 続きはこちら “マレーシア起業で考えたい成功する会社名”

マレーシアでやりたいことをやって苦しむ事は無い

マレーシアという海外にて活躍する日本人の女性からのアドバイスを頂いた事があります。こちらの女性はマレーシアで会社の経営を任されている方で、若くて美人でありながら、とても謙虚な上に振る舞いが洗練されており、素晴らしいアドバイスをさり気なく伝えてくれたりなど、非常に優れた感性の持ち主であり、とても尊敬できる素敵な方です。

そんな、マレーシアという海外で経営者として活躍する女性のアドバイスに、「やりたいことをやって苦しむより、必要とされるサービスを提供する」というものがありました。

これを聞くと当然だよと思いますよね。でも、マレーシアで起業した人達にありがちなのですが、事業のビ… → 続きはこちら “マレーシアでやりたいことをやって苦しむ事は無い”